閉じる
  1. WordPress キャッシュ設定有り無しでの速度比較
閉じる
閉じる
  1. 2020年5月結果:レンタルサーバー速度比較
  2. レンタルサーバー同居サイト数比較
  3. WordPress キャッシュ設定有り無しでの速度比較
閉じる

レンタルサーバー速度比較

2020年5月結果:レンタルサーバー速度比較

レンタルサーバーの速度の比較

2020年5月調査時の各共用レンタルサーバーの速度は下記のとおりです。

レンタルサーバー速度比較表(モバイル機器での表示速度)
Score FCP
SI
TtI
FMP
FCI
FID
m秒
エックスサーバー
X10
90 2.9 2.9 3.1 3.1 3.1 60
ロリポップ
ハイスピード
87 2.7 4.4 2.9 2.8 2.8 60
Conoha WING
ベーシック
87 2.8 4.2 3.0 2.9 2.9 80
ヘテムル
ベーシック
84 2.9 4.7 3.0 3.0 3.0 60
お名前.com
RSプラン
84 2.9 4.5 3.1 3.1 3.1 50
さくら
スタンダード
88 3.0 3.4 3.0 3.0 3.0 80
バリューサーバー  スタンダード 79 2.9 5.9 3.0 3.0 3.0 70
コアサーバー
CORE-A
81 2.8 5.4 3.0 3.0 3.0 60
スターサーバー
プレミアム
89 2.9 3.3 3.1 3.1 3.1 50
WebARENA
SuiteS
66 4.0 5.9 4.1 4.0 4.0 120

測定方法:PageSpeed Insights(by Google)
測定日時:2020年5月21日(木)23時
※上記各レンタルサーバー名に、実際にそのレンタルサーバーにて運営しているサイトのリンクを付けさせて頂いております。
ご自身の目で、実際の速度を比較して下さい。
測定方法は他に、GTmetrixmonitisWEBPAGETESTなどもあります。

用語の解説:
Score:総合評価(100点満点。点数が高いほどGoogleの評価が良い。)

以下計測秒数は、数字が小さいほど速い。
①FCP(First Contentful Paint)
First Contentful Paint は、テキストまたは画像が初めてペイントされるまでにかかった時間です。
②SI(速度インデックス)
速度インデックスは、ページのコンテンツが取り込まれて表示される速さを表します。
③TtI(インタラクティブになるまでの時間)
操作可能になるまでの時間とは、ページが完全に操作可能になるのに要する時間です。
④FMP(First Meaningful Paint)
First Meaningful Paint は、ページの主要なコンテンツが可視化されるまでにかかった時間です。
⑤FCI(CPU の初回アイドル)
First CPU Idle marks the first time at which the page’s main thread is quiet enough to handle input.
⑥FID(初回入力遅延の最大推定時間)
ユーザーに発生する可能性がある初回入力遅延の最大推定時間とは、最も長いタスクの時間(ミリ秒単位)です。

測定条件:
①各レンタルサーバーにて、同一のWordpressサイトで測定しています。
・テンプレート:Twenty Sixteen
・プラグイン:Classic Editor、Jetpack等
・キャッシュ設定:なし

②3つのパターンの記事を掲載しています。
1.よくみる記事ページ
・画像60kb(640×425px)×5枚
・文字数4092文字

2.重たい記事ページ
・画像60kb(640×425px)×1枚、105kb(1,280×855px)×10枚
・文字数19,603文字

3.動画ページ
・HD5,936kb
・4K5,116kb
※先読みなし

関連記事

  1. レンタルサーバー同居サイト数比較

  2. WordPress キャッシュ設定有り無しでの速度比較

おすすめ記事

  1. WordPress キャッシュ設定有り無しでの速度比較

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る